医療訴訟と時効

医療の技術は、ここ数十年の間で急激な進歩を遂げてきました。
かつては治らなかった病気や、死の病気と呼ばれた類のものも多くが治るようになっています。
昭和の時代には死の病であった結核も、今では入院すればすぐに治ってしまうほどです。


ただし、医療がどう進歩したとしても、最終的に医療を行うのは人間であることに変わりはありません。
人間が操作をし、医療行為を行う以上、そこには何かしらのミスが発生する可能性がどうしても残ってしまいます。
こういったミスのことを医療ミスや医療過誤と呼びます。


このようなミスがあった場合、被害者やその家族はそのことを訴えることが可能です。
医療過誤に対する訴訟のことを医療訴訟と言い、多くの訴訟が行われています。
ただし、医療訴訟の被害者側の勝率は決して高いとはいえず、明確にミスがあった場合や、病院側に非があった場合でなければ被害者に有利な判決が出ることはありません。


さらに、医療訴訟に関して知っておかなければならないことがあります。
医療訴訟には時効が存在しているということです。
一定の期間を空けてしまうと、そもそも訴えを起こす事自体が不可能になるような制度設計となっています。
このことを念頭に置き、訴えるのであれば迅速に対応を取らなければなりません。


また、時効より以前の治療が実際には医療ミスであることがわかった場合にはどうなるのでしょうか?このサイトでは医療過誤と医療訴訟について紹介します。